視力 回復 白内障 の目の症状である ぼやけ かすみ 消失 した私の感想です。もしこれからアサイーベリーを飲んでみようかな?と思っている方の背中をほんの少しでも押すことができたら嬉しいと思います。

白内障でも文庫本の小さな文字もスラスラと読める

5176099_s

目の調子を維持するために長く飲み続けているもの。それが「アサイベリー」です。アサイーベリーはブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物です。

果実の外見はブルーベリーによく似てますが、1粒の体積比では種が 95 % を占め、可食部は 5 % しかありません。単体では無味に近いため、他のフルーツやヨーグルトと混ぜて食べるのが一般的です。
お店でアサイーベリーが売っているのは見たことがありません。

私は、ブラジルの農務省規格で最もグレードの高いランクA の高品質で高濃度な アサイベリー のみが使用されている ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ を取り寄せて飲みました。今も飲んでいます。

実は、アサイベリーに出会うまで、私は、年々悪くなる目の症状に悩まされていました。今から 3 年ほど前、目がかすんで、自動車の運転中に道路標識が見えづらいと感じるようになりました。夕暮れどきや夜間は特に、視界がかすんでよく見えず、下手をすると事故につながりかねない状態。「これは危険かもしれない」と本気で心配するようになりました。

夕方になると急激に視界が悪くなりこのまま運転を続けるのは危険だと思いました。

もともとあった近視と乱視に加えて、老眼も年齢とともに進み、メガネも何度か買い換えていたので、最初は「メガネが合っていないのかもしれない」と思い、メガネ店で検眼を受けました。しかし、「メガネの度は合っています」とのこと。

翌日、眼科を受診してみると、私の両目に白内障が起こっていることがわかったのです。ところが、眼科医は「まだ初期ですから、しばらくは様子を見ましょう」というだけで、なんの処置もしてくれませんでした。

私にとって自動車の運転が不便なのは大問題です。すでに、近くに寄らないと道路標識が判別できないまでに悪化していました。趣味の読書も 30 分もすると、目がショボショボ。肩こりまでひどくなってきていました。目の疲れがこんなに全身にまで及ぶとは思って芋いませんでした。

アサイベリーの評判を知ったのはそんなときで、昨年です。いいというものは、試さずにはいられない性分の私は、すぐに取り寄せて朝と晩、飲み続けることにしました。

飲み始めて 2 ヶ月ほどしたころに、うれしい変化がありました。自動車を運転していても、目のかすみやぼやけが気にならなくなってきたのです。ある日突然、視界がよくなったという感じでした。朝、起きたら突然に症状が改善していた…感じです。

さらに、読書をしていても目が疲れにくいうえ、文庫本の漢字のふりがなの小さな文字まで、スラスラと読めるようになりました。少しでも読書が楽になればと買っていた拡大鏡も、けっきょく使わずじまいでした。

そして、年末には自動車の免許更新があったのですが、裸眼で楽々パスできたのです。その後も、視界はいっさいぼやけることなく、運転も読書も快適です。アサイベリーに出会え、ここまで回復できた私は、ほんとうに幸せ者です。

私と同じように アサイーベリー で白内障の手術を回避 した方もいらっしゃいます。