飲んで3時間を過ぎたら目の緊張がとれて目が開いた

ミニチュアのドールハウス作りは、私が40代から始めた趣味で、生きがいでもあります。まず12分の1サイズで家を作り、家具や照明、花などのインテリアを配置していきます。作業は1 mm、2mm単位のとても細かいものですが、イメージが形になっていくと、時間を忘れて夢中になってワクワクしてしまいます。

しかし、50代半ばになったころ、ドールハウス作りを中断せざるを得なくなりました。理由は、極度の疲れ目でした。作業に集中していると、涙がとめどなく流れてきて、止まらなくなるのです。視界もぼやけて細かい作業ができません。

疲れ目の悪化で首の後ろがポ腫れて、そのつど自分でもみほぐさないと、腫れが治まりませんでした。そんな苦しい状況をなんとかしたいという思いから、昨年の夏に試してみたのが、「アサイーベリー」だったのです。

私の場合、幸運なことに、うれしい変化がありました。アサイベリーを初めて飲んだその数時問後には、目がバッと見開いたような感じがしたのです。これには自分でもただただビックリ! そして、私の視界はその日以来、日ごとに鮮明になっていきました。

目の調子がよくなったので、私はドールハウス作りを再開することにしました。様子を見ながらのスローペースでしたが、有り難いことに、疲れ目や涙目の気配は全くありません。そこで、以前のように本格的に取り組んでみることにしました。

作業をしている問、目の調子が悪くなることもなく、ドールハウスはイメージどおりに完成。出来栄えにも大満足でした。先日は、通っているフラダンスの教室から、首にかけるレイの制作を依頼され、気持ちよく作り上げることができました。

このときも、涙目や首の後ろの腫れもなく、ひと安心。幸せを実感しております。このような効果を実感したので、「アサイベリーはずっと手放せない」というのが、私の正直な気持ちです。ドールハウス作りに励めるのも、アサイベリーのおかげ。私は日々、アサイベリーのよさを実感しています。